インドのフードデリバリーEC、Bite Clubが活動を一時停止

インドのフードデリバリーEC、Bite Clubが活動を一時停止

インドのグルガーオンを拠点とし、フードデリバリーECを展開するBite Clubがオペレーションを一時を中断した。

「我々は現在一時的にオペレーションを中断し、違う戦略で働きかけています。」CEOであるPrateek Agarwal氏はこのようにコメントする。同氏は中断の具体的理由や新たな戦略について明言は避けたものの、ユーザー数の伸び悩みや追加資金調達の難航などがその理由と噂されている。Bite Clubは現在従業員の一部を解雇中だとしている(人数などは非公表)。
biteclub
Bite Clubは2014年11月にPrateek Agarwal氏, Aushim Krishan氏、Siddharth Sharma氏の3名によって設立された。フードデリバリーのマーケットプレイスを展開する同社は、2015年3月にPowai Lake Venturesと複数のエンジェル投資家から$500,000を調達している。フードデリバリー事業はインドのデリーでスタートし、当時1日に1,000食の配送を目標に掲げていた。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK