インドで流行中の洗濯丸投げサービスOneClickWash

インドで流行中の洗濯丸投げサービスOneClickWash

普段忙しく働いている人にとって、たまの休みの日にはやりたいことが多いはずだ。映画を観たり食事に行ったり、家族がいれば子供の世話も必要だろう。ただ週末だからこそ、家の掃除や洗濯といった家事もこなす必要がある。これらの仕事をどこかにアウトソースできればどれほど楽だろう。

インド発のスタートアップOneClickWashは、アプリで予約すれば玄関前まで洗濯物を引き取りに来てくれ、48時間以内にクリーニングを終え届けてくれるサービスだ。

使い方はとても簡単で、携帯番号と住所などの必要情報をアプリに登録し、洗濯物を引き取りに来てもらいたい日時をアプリから指定する。ドライバーが指定日に玄関前まで来てくれ、洗濯物が終わればまた家まで届けてくれる。48時間以内にピックアップからお届けまで完了させるため、金曜の夜に予約しておけば、日曜日にはクリーニング済みのシャツが届く。

OneClickWashは2015年にインドのVivekとSaurav Killaにより設立された。1ヶ月$37ドルの料金で洗濯をアウトソースできるとあって、インドの準富裕層から支持を受けている。サービス利用者のおよそ60%がリピーターになるというのだから驚きだ。

実はインドの上位10都市での家事代行サービスの市場規模はUSドルで20億ドルと見積もられており、この手のサービスは今後も至る所で登場する可能性が高い。人口の密集する都市部では効率的に集荷・配達も可能であるため、ワークしやすいかもしれない。今後の拡大に注目だ。

OneClickWash:
http://www.oneclickwash.com/

Photo Credit:Bonnaf LAUNDRY

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK