3分で完了、Amazon.co.jpに出品するためのアカウント開設手続き

3分で完了、Amazon.co.jpに出品するためのアカウント開設手続き

Amazonにはマーケットプレイスと呼ばれる誰でも出品販売できる仕組みがあり、楽天・ヤフーショッピングと並び多くのEC事業者が参入している市場だ。まだAmazonに出品していないという人のために、出品用アカウントの開設方法を実際に進めながら見ていく。そもそもマーケットプレイスの仕組みを理解できていないという方は、先にこちらの記事に目を通しておいて頂けると良いかもしれない。

あわせて読みたい:今さら聞けないAmazonマーケットプレイスとは?概要などサクッと理解

1. Amazon出品に必要なもの

  • メールアドレス
  • クレジットカード
  • 本人確認用の電話番号
  • 売上金を受取る用の銀行口座(後日でも可)

Amazon.co.jpの場合、出品用アカウントの開設に必要なものはたったこれだけ。ほとんどの人が既に持っているはずなので、実際に開設までは3分もあれば出来てしまう。サクサク進めてしまおう。

2. まずはAmazonアカウントの開設

Amazonマーケットプレイスに出品するためには、出品用のAmazonアカウントが必要になるが、実は「出品用アカウント」という独立したアカウントは本来存在しない。普段我々がショッピングに使っているAmazonアカウントを使い、セラーとして出店登録手続きをするだけだ。具体的にはショップ名の決定や、本人確認の実施、手数料をチャージするためのクレジットカートの登録などが該当する。

というわけで、まずはAmazonアカウントの開設から進めていく。
001
https://www.amazon.co.jp/にアクセスし、ナビゲーションバーにある「アカウントサービス」にマウスオーバーすると、様々なサービスメニューが表示される。今回は新規登録なので、「新規登録はこちら」をクリック。
002
リンク先では名前(ショップ名は後から別途決定するので適当で構わない)、フリガナ、Eメールアドレス、パスワードの決定を求められる。Eメールアドレスとパスワードは、そのまま出店登録時にも使うので、普段プライベートで使うアドレスではなくビジネス用のEメールアドレスを使用しよう。入力し「Amazonアカウントを作成」をクリックすると、アカウント開設が完了し、トップページにリダイレクトされる。まずはこれだけでAmazonアカウントが開設された。

3. Amazonアカウントの開設が完了、続いてサインインへ

003
続いて今開設したAmazonアカウントを出店用アカウントとしても登録していく。ログインしている状態で、ナビゲーションバーにある「アカウントサービス」をクリック。
004
アカウントサービスのページ右にある、「Amazonで売る」というリンクをクリック。ここが出店登録の入口となる。
005
セキュリティの関係上、すでにログインしているにも関わらずサインインを求められるが、先ほどAmazonアカウントを開設した際に使用したEメールアドレスがすでにフィールドに入力されているはずだ。ラジオボタンの「Amazon.co.jpのアカウントを持っています」を選択し、2.で設定したパスワード入力。サインインをクリック。

4. サインインの完了、いよいよ出店登録へ

006_2
このページに入ることができれば、順調に出店登録が進んでいる。もしうまくいかない場合にはもう一度Amazonアカウントの開設からやり直しても大して時間はかからない。

このページでは販売者の正式名称/販売事業者名の入力と、出品契約の確認を求められる。正式名称/販売事業者名は法人であれば「株式会社◯◯」のような法的な名称を指すが、こちらは後で変更可能だ。今は個人として登録して、後日販売が軌道に乗った際に法人化するケースなど良くあるので、あまり神経質になる必要も無い。

また出品契約はきちんと目を通しておいて頂きたい箇所だが、今回は開設手続きにのみフォーカスしていくためここでの説明は割愛する。チェックボックスにチェックし、「次に進む」をクリック。

5. セラーセントラルのトップ画面へ

こちらの画面がセラーセントラルと呼ばれる出品者用の管理画面だ。まだ出品登録が完了していないため、現在は出品登録用のメニューだけが表示されている。これが完了すれば晴れてセラーセントラルを自由に使うことができる。
007
出品登録には大きく分けて3つのステップ(ピンク枠の箇所)があり、ひとつはクレジットカードの登録、もうひとつは出品者の情報の登録、そして最後に電話による本人確認だ。これから順次見ていくが、もし一度にすべて完了できない場合、途中で中断することもできる。その場合にはこちらのセラーセントラルのトップページ(https://sellercentral.amazon.co.jp/)にアクセスし、3.でサインインに使用したメールアドレスとパスワードを入力すれば、もう一度このページに戻ってくることができる。

ということで、まずは一番上のセクション、「クレジットカード情報の登録」から進めていく。「登録を開始」をクリック。

6. クレジットカード情報の登録

008
これから販売するのになぜクレジットカードが必要なのか?と思った方もいるかもしれないが、ここが購入用のAmazonアカウントとの大きな違いだ。普段我々がショッピングをする上でクレジットカードの登録はマストではない。代引きやコンビニ払いなどを利用する顧客も多いからである。

しかしAmazonに出店登録する場合、Amazonでは不測の事態に備え売り手に対していつでも請求できる仕組みを敷いている。例えば、Amazonの倉庫に在庫を預けるFBAというサービスを利用する場合には倉庫保管料など一定の手数料が発生するが、たとえ売上がゼロでもきちんと売り手に手数料を請求できるように、Amazonは最低でも1枚のクレジットカードの登録を求めている。

こちらのカード情報は、あとでカードを変更したい場合など設定から変更可能なので、まずは手元のカードで登録を進めてもOK。入力したら「保存」をクリック。

7. 続いて出品者の情報を入力

009
クレジットカード情報が「登録済」という表示に切り替わったのを確認して、続いて出品者の情報を入力していく。「出品者の情報」のセクションにある「登録を開始」をクリック
010
ここでは表示名(店舗名)と、会社住所(個人であっても気にする必要はない)、特商法に関するQAが用意されている。これらの情報も後から変更は可能であるので、仮決定でも構わない。

会社住所はデフォルトの値としてクレジットカードの請求先住所をそのまま表示している。ビジネス上の住所が別にある場合には、新しい住所を追加しておこう。

今回、特商法に関する設問を「いいえ」にして進めるが、もし「はい」にした場合、特商法で定める運営責任者の氏名や連絡先情報の入力を求められる。反復継続的に販売を行う予定の方は「はい」にチェックの上、必要な情報を入力してもらいたい。

完了したら「保存」をクリック。

8. 最後に、電話による本人確認

ここまで済んでしまえばあとは電話による本人確認を残すのみだ。電話といっても自動音声によるプッシュ式の本人確認なので、24時間いつでも実施することができる。011
「電話による本人確認」のセクションにある「登録を開始」をクリック。
012
本人確認を実施できる電話番号の入力を求められる。国際番号になっているので、日本を選択(国番号+81)した後、市街局番の0を除く番号を続けて入力。
(例:03-1234-5678であれば、+81 3-1234-5678。090-1234-5678であれば、+81 90-1234-5678となる。)

なお、この電話番号はここでしか使用しないため、固定電話や携帯電話である必要もない。プリペイド式の電話であっても問題なく、また国番号さえ変えれば日本以外の国で電話を受けることもできる。

番号を入力したら、「電話を受ける」をクリック。
013
画面にワンタイムの暗証番号が表示されるので、かかってきた電話の音声ガイダンスに従ってこのPINを入力する。入力方法は電話のプッシュ方式のほか、音声による入力も可能。ノイズにより誤作動が起きないよう、なるべく静かな場所で電話を受けたい。なお、電話は通知不可設定にてかかってくるので、きちんと着信できる電話で受ける必要がある。
014
PINを入力したら自動的に画面が切り替わる。認証後、「続行」をクリックすると完了。

9. すべての手続きが完了、いよいよ出品開始へ

015
これですべての続きが完了したので、画面上部の「出品開始」をクリック。

10. セラーセントラルがオープン。まずは銀行情報を登録

016
ここまで出来れば販売は開始できるが、今回銀行口座の登録まで進めてみる。ちなみに、このまま販売を続けた場合、Amazonから2週間おきに支払われる売掛金が送金されずアカウント上に留保され続け、銀行口座情報を登録した初回の送金の際にまとめて送金される。法人設立後、まだ銀行口座が開設できていない場合は応急処置として覚えておくと良い。

現在、右上の決済情報ウィジェットがあるが、アラートで「出品用アカウントの入金方法情報が不足しています。または、無効です」と表示されている。「入金方法情報を確認」をクリック。
017
銀行口座を入力する画面に推移する。ちなみに銀行所在地国はデフォルトでは日本だが、海外送金にも対応している。その場合には日本以外の国を選択し、現地の銀行情報を入力する。為替レートはAmazon Currency Converterと呼ばれるAmazon独自の通貨レートに従い換算される。為替の影響を排除するためには、やはり販売国での銀行口座(この場合は日本)で受け取るのが良いかもしれない。

必要情報を登録したら「送信」をクリック
018
アラートが消えたのが確認できる。

11. 小口出品から大口出品に切り替える

登録初期の段階では、小口出品のアカウントとして登録されている。Amazonには販売アカウントの種類として小口出品と大口出品とがあるが、前者は一部販売機能に制限がかかるが手数料を低く抑えられるプラン、後者はすべての機能を使えるが月額の販売手数料がかかるプランとなっている。両者の違いはこちらの記事に詳しいのでご参考までに。

あわせて読みたい:大口出品(Professional)と小口出品(Individual)で迷った時の決め方

今回は最初から大口出品で販売したい方のために、プランの変更方法まで見ていく。
019
ナビゲーション右上の「設定」より、「出品用アカウント情報」をクリック。
020
「ご利用のサービス」ウィジェットで、「小口出品に変更/大口出品に変更」をクリッック。
021
現在のステータスの確認画面に飛ぶので、「大口出品に変更」クリック。
022
大口出品の概要や利点、手数料に関する注意事項などが表示され、OKであれば「クリックすると大口出品に変更されます」をクリック。これで即座に大口出品に変更され、すべてのセラーセントラルの機能を利用することができる。

まとめ

今回Amazon.co.jpの出品用アカウントの開設を見てきたが、慣れてしまえば3分程度で開設まで進めることができる。まだ販売したことがないという方は是非上記の流れを参照の上、アカウントを開設してみることをお勧めする。

コメント0
CATEGORY :
TAG :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK