Flipkartが少なくとも700人の従業員を解雇か

Flipkartが少なくとも700人の従業員を解雇か

7/26、Flipkartの子会社であるインドファッションEC大手のMyntraは、ライバルであるJabongを現金7,000万ドルで買収したと発表した。この買収によりFlipkartは近く数百人規模のリストラを予定しているという。

Flipkartの広報担当によれば、Flipkartはグループ全体でおよそ30,000人の従業員がおり、今回の決定は全体の母数からすると2.2%から3.3%程度だという。このことからも、今回のリストラは最低でも700人ほどの従業員が対象ではないかと噂されている。Flipkartの求めるパフォーマンス基準に合致しない従業員は、社内で一定の能力開発の機会を与えられるが、それでも難しい場合には社外で再就職の機会を探すこととなる。

Flipkartは今回のリストラはいわるゆる”レイオフ”ではなく、GoogleやFacebook、Microsoftなど他のIT企業も実施している通常の”新陳代謝のプロセス”だとしている。Flipkartによれば、この評価の見直しは毎年2回実施され、基準を達成できない従業員に対してはメンタープログラムやカウンセリング、あるいは特別なセッションが設けられ、企業は彼らの能力開発に努める。それでも基準に達しない従業員の多くは「自ら」Flipkartを去っていくという。

「我々は能力主義を追求していきますが、一方で透明性のある評価基準をきちんと整備しています。すべての従業員はシンプルかつ透明性のある評価基準に基づき公平な評価を受け、それらの結果は報酬にも適切に反映されます。」Flipkartの広報担当はこのように語っている。

Source:Flipkart to Lay-Off Hundreds of Employees, Terms It ‘Common Practice’

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK