Amazonがインドでグローバルストアを開設。海外セラーからの購入が可能に

Amazonがインドでグローバルストアを開設。海外セラーからの購入が可能に

現在のところAmazon.inはインドセラーのみが販売できるマーケットプレイスであり、原則として他の国のセラーが参入することはできない。これはインドの投資規制(FDIポリシー)により、海外からのB2CのEコマースが禁止されていることによる。しかしこの流れが今大きく変わろうとしている。

Trak.inが13日に報じたところによれば、Amazon.inではAmazon Global Storeと呼ばれる特設ストアが開設され、インドのカスタマーはインド国内のセラーからだけでなく、米国Amazon.comのセラーからも購入が可能になるようだ。このプログラムにはアパレル、時計、シューズ、書籍、家電、キッチンなど様々なカテゴリが対象となり、現在のところ購入出来る商品は限定的ではあるものの、今後拡大していくことが予想されている。

インドカスタマーは決済の際にドルで決済する必要はなく、現地通貨のインドルピーでの決済が可能。発生するであろう関税をAmazonが自動的に見積もりデポジットとして一時支払いを要求、実際にかかった関税との差額があれば追加請求(もしくは還付)という流れになる。 すべての荷物にはトラッキングナンバーが設けられ、国際配送といえでもカスタマーが安心して購入出来るよう配慮している。

詳しいFDIポリシーとの絡みは現在のところ不明だが、米国内のサーバーにてインド人カスタマーに購入してもらっている可能性はあるかもしれない。

参考:Amazon Launches Global Store in India; Allows Indians to Purchase Products From Foreign Sellers

コメント0
CATEGORY :
TAG :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK